top of page

Jeroen Zwaap (Rotterdam (NL), 1980) is a Dutch-Turkish queer visual artist and explorer, technovoyeur, and UFO-enthusiast. Zwaap uses voyeurism as a practice to form his own perception of the world and to explore, resist and challenge existing ones. He always works on the verge of photography and media-ecologies of looking, where the internet has become his camera. 

He graduated in 2023 from the Royal Academy of Arts in The Hague, where he currently is studying in the masters program 'Photography & Society'.

ジェローン・ズワープ (1980)

 

アーティストとして、私は作ることで世界を理解しようとしています。

見る、観察する、のぞく、フォローするという体制は、私の創造的なプロセスにおける重要な調査方法です。

人間と機械が重なり合う世界に特に興味があります。人間とテクノロジーの相互依存摩擦の両方. 


私は現在、物理空間の証言の延長として、ウェブカメラとインターネットを研究しています. 
写真におけるドキュメンタリーやフィクションのナレーションとしての拡張された証言の可能性と危険性は何ですか?

 

 

Schermafbeelding 2022-12-24 om 11.57.01.png
bottom of page